page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

完全無農薬いちご狩りだよ!宝交早生(ほうこうわせ)♪わんこもいちごをいただきました

お久しぶりですサラちゃん!

じいちゃんの畑にやってきました~☆

f:id:alfonshild:20200605171039j:plain

暑さが大の苦手な、狆の小さいお姫ちゃんはお留守番。

あーちゃんと、お姫ちゃんを連れて来ましたよ~。

ちょっと見ない間に、サラちゃん大きくなってないかい?

う~ん。あーちゃんより大きく見える。

じいちゃんが言うには、この前「コリーですよね!」って声をかけられたとか。

流石にそこまで大きくはないけれど、コリー×シェルティな感じはする。

f:id:alfonshild:20200605171126j:plain

 畑のお花は、ハマナスが盛り。

f:id:alfonshild:20200605171228j:plain

 もう実もなりだしていて、秋が楽しみだ。

f:id:alfonshild:20200605171312j:plain

ハマナスの良い香り♪私的にはバラの中で一番の良い香りだと思う。

鮮やかなマゼンダピンクの花色はもちろん素敵だけれど、

艶々とした剛健な濃い緑の葉っぱも好き。

ただ、エゲツナイ程のトゲトゲが生えているから、安易にお庭に植えられないかも。

北海道は宗谷岬で流れていた曲を思い出す「ハマナス揺れる~宗谷の岬~♪」

自然界では北国の海岸沿いで群生していて、暑さは苦手な植物らしいが、

暑~い畑でしっかり大株に育ってくれている。

f:id:alfonshild:20200605171340j:plain

 こちらは、畑の外まで香りを運んでいた栗のお花。

栗は風媒花だから、漂う青草の様な香りは、栗の花粉の香りなのかな。

f:id:alfonshild:20200605171432j:plain

 スモークツリーもフワッフワのお花が盛り。

3週間ほど前に、小さく赤かった葉は、緑のグラデーションが入って幻想的なお姿。

植物の生長力は凄い。

f:id:alfonshild:20200605171507j:plain

 小さなリンゴを発見!風で落ちないといいな~。

逞しく育っておくれ!そして美味しくいただきたい。

f:id:alfonshild:20200605171541j:plain

 何か、実ってる!とワクワクするも、あ~ロウバイの実かぁ。

多分食べられない。でも南国フルーツっぽいフォルム&カラーで美味しそうだ。

f:id:alfonshild:20200605171616j:plain

 走り回っていたあーちゃんは、早々にウツギの木陰で休憩。

f:id:alfonshild:20200605171723j:plain

ハァハァ…アツい。

f:id:alfonshild:20200605171749j:plain

 ブラックベリーのお花も咲いている。

f:id:alfonshild:20200605171820j:plain

 実はまだまだ小さくて硬くて緑色。

f:id:alfonshild:20200605171856j:plain

 5枚の花弁の花だけでなく、十字を二つ重ねた様なお花もあって、面白い。

ブラックベリーキイチゴの類の中でも成長が盛んで、暑さと病害虫に強くて、

トゲが無いから家庭菜園で栽培するには間違いなく一押しのベリーだと思う。

繁茂しすぎるきらいはあるかな。

 

でも実は、気難しいラズベリーが大大大好き。

ラズベリーの畑に憧れる。でも、北海道みたいな収穫期に雨が少なくて、

冬に雪がじゃんじゃん積もる地域でないと栽培に向いていないんだろう。

株がコウモリガにやられたり、せっかくの実が雨で崩れてしまったり、

残った実にカビが生えてしまったりと収穫がままならなかった。

 

昔、手伝いに行った北海道の農園では、林の切れ目に元からそこにあった様に

植えられたラズベリーが、立派な実を沢山付けていた。

そして、収穫した実を冷凍保存して、ある程度量が集まるとラズベリーソースを

製造・販売していたっけ。あの味が忘れられない。。

f:id:alfonshild:20200605173811j:plain

 こちらはブルーベリーのお部屋。

f:id:alfonshild:20200605171932j:plain

 赤い目の様なブルーベリーの若い実。

f:id:alfonshild:20200605172004j:plain

 初どりじゃ!第一果がいちばんおいしい♪気がする。

f:id:alfonshild:20200605172027j:plain

 お姫ちゃんお目当てのいちごちゃんは、

f:id:alfonshild:20200605172156j:plain

 ネットをちょっと失礼すると、なってる!赤いいちごいちごいちご。

f:id:alfonshild:20200605172228j:plain

こんな感じでまだまだ収穫できるぞ~。

サラちゃんとあーちゃんに纏わりつかれながら、プチプチといちごを収穫。

宝交早生(ほうこうわせ)という品種のいちご。

強い爽やかないちごの香りがいい!採ってるそばからもう食べたい。

子どもの頃、いちごの並ぶクリスマスケーキの箱をオープンした時の香りそのもの?

宝交早生は昭和50年代に、いちご全体の6割の生産量があったそうだ。

どうりで紅ほっぺには無い、落ち着くいちごの良い香り~。

f:id:alfonshild:20200605172312j:plain

 いちごの収穫を終え、帰り際にお姫ちゃんがじいちゃんにおねだり。

「ねぇ~。じいちゃん!ビワはどうかな~♪まだかな~。」

獲物をよく見てるなぁ。娘がしっかりしすぎていて末恐ろしい。

じいちゃんが「まだ少しだけ青いかな。」と言えば、

すかさず「じゃ、またこんどね♪こんどだよ!」とお姫ちゃん。

f:id:alfonshild:20200605172456j:plain

 へたり込んで、帰りは抱っこで車へと運んだあーちゃんとは対照的なサラちゃん。

ぴょんぴょん跳ねまわって、休んで、また跳ねてとマイペース。

シェルティの厚いコートは、断熱材の効果を発揮しているのか?

暑そうにしているあーちゃんには、全身に水をかけてクールダウン。

f:id:alfonshild:20200605172605j:plain

 じいちゃんいただきます‼

f:id:alfonshild:20200605172417j:plain

 よ~く色づいて美味しいぞぉ。

f:id:alfonshild:20200605172534j:plain

15個ほど、一気にいちごを食べていたお姫ちゃんが遊びはじめる。 

f:id:alfonshild:20200605172729j:plain

 おお!ナイスバランス!

f:id:alfonshild:20200605172753j:plain

1歳の甥っ子は、市販のいちごは尖った先端部分しか食べないと聞いた。

けれど、完全無農薬のじいちゃんいちごは、好調に11個も食べたそう。

それを聞いたお姫ちゃんの表情が曇る。(笑)ライバル出現か?

 

いちごを欲しがるわんこたちにも少しお裾分け。

お留守番ありがとう。

いつもはきゅ~きゅ~鳴いてるのに、

怪しい時は、あーちゃんよりも低く大型犬の様な野太い声で吠えてくれる狆のお姫様。

小さいお姫ちゃんは、いちご模様のタオルの上でいちごを見失う。可愛い♡

舐めて齧って暫く遊んでいちごを堪能する小さいお姫ちゃん。

それを見ていたあーちゃんは、横からパクッとひと口で食べちゃった。

f:id:alfonshild:20200605173140j:plain

いちごにはキシリトールが含まれているから、犬に大量にあげてはいけないらしい。

犬にキシリトール低血糖を引き起こすとか。小型犬は要注意かな。

いちごの清涼感のある甘味はなるほどキシリトールなのか~。納得。

あーちゃんにもはいどうぞ、ちょっだけね。

f:id:alfonshild:20200605173728j:plain

デザートに満足したお姫ちゃん。

お次は将棋盤を出してきた~。

山形県天童市ふるさと納税でいただいた将棋駒と将棋盤のセット。

武内王将堂さんの駒はアオカ材、押駒、盤はアガチス材、5分折盤、

成駒の文字は朱色のセット。

 

ねぇ、ちょっとだけお昼寝しない?

f:id:alfonshild:20200605172830j:plain