page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

修善寺自然公園のもみじ林へ行こう!(伊豆市)ここから戸田峠~天城峠へ道は続いている

途中、雨に降られながらも無事到着♪紅葉で有名な修善寺自然公園だ。

駐車場に止まっている車は2台。日曜日でもこんなに空いている。

これは穴場のお散歩スポットかな?

f:id:alfonshild:20200913224331j:plain

なるほど、11~12月の紅葉の頃は混雑していそう。

f:id:alfonshild:20200913224453j:plain

現在地は、道を挟んで虹の里のお隣?

f:id:alfonshild:20200913224520j:plain

入り口のもみじの木の前でまったりするお二人さん。

雨降ってくるかもしれないから、どんどん行きましょ~。

f:id:alfonshild:20200913224636j:plain

もみじ林には、もみじや赤松、金木犀、椿、ツツジが植えられているそう。

1924年につくられた公園なんですか!もうすぐ100周年だ。

f:id:alfonshild:20200913224752j:plain

桂谷八十八ヶ所とは何でしょう?

どうやらお堂があるよう。

f:id:alfonshild:20200913225032j:plain

入り口には立派なトイレがあって一安心。さぁ行きましょ。

f:id:alfonshild:20200913225126j:plain

斜面の上に何が建物がありそうだ。

f:id:alfonshild:20200913225203j:plain

もみじの葉の作る光と影がふんわりとしていて素敵。

f:id:alfonshild:20200913225254j:plain

上り坂に参ります。

f:id:alfonshild:20200913225433j:plain

この丘の上に芝の広場と、夏目漱石先生の石碑があるのかな?

f:id:alfonshild:20200913225325j:plain

『よしはら観音堂』読めません。。富士見台へ行ってみようか。

f:id:alfonshild:20200913225505j:plain

大きな切り株。ご立派。

f:id:alfonshild:20200913225534j:plain

先に駆けていったお姫ちゃん。待って~

f:id:alfonshild:20200913225601j:plain

ずっと上り坂を上がった所に富士見台。

f:id:alfonshild:20200913225702j:plain

順路って書いてあるが。わからん。

f:id:alfonshild:20200913225738j:plain

富士見台からの眺めは雲雲。富士山いません。

石仏やお地蔵様が並んでいる。神聖な場所なんだろう。19番と番号がある。

桂谷八十八ヶ所の19番なんですね。

f:id:alfonshild:20200913225805j:plain

左に進むとちょっと開けた場所。

f:id:alfonshild:20200913225915j:plain

枯れた赤松。なんだか凛々しい。

f:id:alfonshild:20200913230016j:plain

この先へ進むのは今日は無理。いい感じの道が続いている。

f:id:alfonshild:20200913230040j:plain

だるま山高原レストハウスに、金冠山、戸田峠、達磨山、船原峠に、天城峠とこの道

は続いているのね。昔は普通に人が行きかう道だったのかな?天城越え~♪

f:id:alfonshild:20200913230127j:plain

 金冠山と、子達磨までは登ったことはあるけれど・・・。

もみじ林からでは結構歩きますね~行ってみたい!だるま山高原のレストハウスまで

車を回してもらおうか?

f:id:alfonshild:20200913230150j:plain

 やっぱり、またの機会にしましょ。駐車場へ戻ろう。

f:id:alfonshild:20200913230227j:plain

 今日の相棒は小さいお姫ちゃんだし。

次はあーちゃんを引っ張って来よう♪って、舌おっきい!

f:id:alfonshild:20200913230258j:plain

 石段を軽快に駆け下りていく小さいお姫ちゃん。

「わたしだって山道いけるもん!」と言っているよう。

f:id:alfonshild:20200913230328j:plain

 足元には緑色の小さなどんぐり☆

f:id:alfonshild:20200913230359j:plain

 この坂でお姫ちゃんはつるっと滑って尻餅をついちゃったね。

頑なに「このスカートがいいの!」と言ってはいてきたアイボリーのスカートが。。

後から通った私も滑って・・・。注意書きではなくて、

滑らないように改良してほしいなぁ。お年寄りは要注意だ。

f:id:alfonshild:20200913230434j:plain

 涼しい湿った風が流れていく~と、彼方此方を蚊にちょっとずつ刺されている。

f:id:alfonshild:20200913230514j:plain

 木陰は蚊が出る出る。逃げろ~18番のお堂も素通りじゃ。

f:id:alfonshild:20200913230602j:plain

 小さいお姫ちゃん大丈夫かい?って舌長い💛

f:id:alfonshild:20200913230703j:plain

夕方のお散歩も富士山は雲の中。

f:id:alfonshild:20200913230808j:plain

 いろんな雲が浮かんでいて面白い。

f:id:alfonshild:20200913230903j:plain

 もうちょっと早く来ていたら、色んな色も見られな~。

f:id:alfonshild:20200913230950j:plain

 泡のお風呂で遊びたい。

f:id:alfonshild:20200913231023j:plain

 雲のお布団の中から富士山が枕投げしてるみたいなレンズ雲。

f:id:alfonshild:20200913231052j:plain

 そうそう!すっかり忘れていた予備のカメラを発見して、早速使ってみた。

視界スッキリ!バシバシ撮るぞぅ♪