page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

松林の散歩道

朝から、小雨が降ったり止んだりしている。

小雨くらいなら気にせずに歩ける松林でお散歩。

f:id:alfonshild:20201125224125j:plain

静かな林。

f:id:alfonshild:20201125224200j:plain

海風を受けて倒れながらも成長する松の木々。

f:id:alfonshild:20201125224223j:plain

小道が気になるあーちゃん。猫ちゃんが潜んでいるのかもしれない。

f:id:alfonshild:20201125224249j:plain

元気いっぱいのツワブキ

f:id:alfonshild:20201125224350j:plain

松の木を彩るツタ。

f:id:alfonshild:20201125224452j:plain

公園へ到着。地域の人たちが楽しそうにおしゃべりをしながら、掃除をしている。

聞き耳を立てるあーちゃん。

f:id:alfonshild:20201125224538j:plain

引き返して、海を臨む。

今度は、騒がしいカモメの声が聞こえてくる。

f:id:alfonshild:20201125224611j:plain

何だろう?気になるね!

f:id:alfonshild:20201125224634j:plain

まだ緑色のツタも可愛らしい。

f:id:alfonshild:20201125224700j:plain

カフカの松葉に覆われた地面を、サクサク歩くのは楽しい♪

f:id:alfonshild:20201125224722j:plain

林を抜け堤防に上がると、海にはサギにカモメに、鵜が集まっている。

魚がいるのかな?

f:id:alfonshild:20201125224818j:plain

カメラを向けていたらみんな飛び去って、トンビが飛んできた。

朝ごはんは、もう食べた?

f:id:alfonshild:20201125224751j:plain
昨日お友達に、『鬼滅の刃』の絆創膏が欲しいから買ってきてと頼まれたお姫ちゃん。

断れなくて、「うん、わかった!」と返事をしてしまったよう。

数件お店を回ってみたけれど見つからず、「どうしよう。」と悩んで、その結果

自ら詫び状を書いて持って行った。

 

今朝も、怒らせちゃったらどうしようと怖がっていた。

どうなったのかな?とちょっと面白がっていたのだけれど、

結局は、そのお友達が絆創膏の事をすっかり忘れていて何も起こらなかったらしい。

「今日は、何にもイタイこと、ヒドイことされなかったよ!」って。

天使のような顔をして、中身がジャイアンなお友達のことが怖くもあり、

ほっとけないお姫ちゃん。どうなっていくのかな~✨

 

まだ小さいのに、妙に律儀なお姫ちゃんに👏👏

一晩寝たら忘れるくらいでいいよ~