page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

帰り道の途中、海で日向ぼっこをする

日差しが心地良い海辺。

お姫ちゃんが「まっすぐお家に帰りたくない!」っていうから、立ち寄ってみた。

f:id:alfonshild:20201126215032j:plain

牛臥山に、

f:id:alfonshild:20201126215111j:plain

赤や黄色やオレンジ色に染まった象山。

f:id:alfonshild:20201126215143j:plain

小さいお姫ちゃんも、砂浜の上を気持ち良さそうにサクサク歩いていく。

f:id:alfonshild:20201126215217j:plain

そのうち、みんなで登りたい鷲頭山。

f:id:alfonshild:20201126215302j:plain

今朝は、小さいお姫ちゃんに発情前の出血があった。

スポイトでたらした様な、小さな赤い点が一つだけ床に落ちた。

f:id:alfonshild:20201126215344j:plain

今回で2回目の出血。前回は、7月3日だった。

お姫ちゃんは「赤ちゃんをつくるじゅんびなんだよね!」って。

よくわかってるじゃん!

f:id:alfonshild:20201126215433j:plain

獣医さんには、「2回目の発情が来た後に、避妊手術をしましょうか。」と言われた。

どうなんだろう。手術しなくても、このままでもいいんじゃない?

この小さな体を切らなくても。

子どもがいらないからと、子宮や卵巣を取ってしまう女性っているのかな?

まして、病気になるリスクが減るからとわざわざ切り取る必要がある?

ホルモンバランスが崩れてしまわないのかな?

どうしましょ?まぁ、また来年考えようか。

あーちゃんの時は、なんだかバタバタと言われるままに切ってしまったタマタマ。

自分が男だったら、苦渋の決断になっていたのかもしれない。ごめんよ。

10年以上前、ね~さんの時だって、手術はして当たり前だと思っていた。

なんだろう?この心境の変化。

f:id:alfonshild:20201126215515j:plain

富士山は厚い雲の中。

f:id:alfonshild:20201126215556j:plain

沼津の御用邸の前は、まだまだ工事が続いている。

f:id:alfonshild:20201126215621j:plain

堤防の上を歩く。

f:id:alfonshild:20201126215702j:plain

あら、がっしりとした猫さん。

f:id:alfonshild:20201126215742j:plain

野性味ある立ち姿。

f:id:alfonshild:20201126215809j:plain

何かを見つけたよう。

f:id:alfonshild:20201126215840j:plain

鉄塔の上には、威勢よくしきりに叫んでいるトンビちゃん。

なんて言ってるんだろ?

f:id:alfonshild:20201126215927j:plain

暖かいなぁ。

f:id:alfonshild:20201126220231j:plain

お姫ちゃんが帰宅してすぐに描きだした大作!

鬼滅の刃』の禰豆子ちゃん&善逸くんの結婚式なんだと。

f:id:alfonshild:20201126214810j:plain

布団に入ってから、お姫ちゃんが聞いてきた。

「ママはさ、いちばん何がほしいの?」って。

「お姫ちゃんと、ず~っと遊んでいられる時間だね。」と答えたら、

「時計がさ、ぐ~っと大きくなって、100時までになったらいいよね!」って。笑。

この会話、前にもしたような気がするよ✨