page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

朝の浜辺でバードウォッチング?

昨日よりも濃い雲が広がった空の下。

珍しく、釣り人のいない浜辺をあーちゃんとお姫ちゃんと3人で歩く。

沼津市周辺でもコロナ患者が増えているらしく(基本テレビを見ていない)、

お姫ちゃんのお世話になっている幼稚園も当分お休みになるのかもしれない。

そうなれば、人のいない場所へ遊びに行こう♪

f:id:alfonshild:20210112152932j:plain

テクテク歩く。

f:id:alfonshild:20210112153005j:plain

のっぺり静かな海。

f:id:alfonshild:20210112153115j:plain

あーちゃんが急に走りだそうとして、飛び去ったいつものイソヒヨドリ君。

わたしたちの後を付いてくる、いつもの白いセキレイちゃん。

頭上には数羽のトンビがクルクルと回っていて、みんなに見守られている気分になる。

バードウォッチングと思いきや、人間観察されている。

 

昨年の事、家の玄関先に食料品の置き配を頼んだ際、

30分程荷物を取り込むのを忘れてしまったことがあった。

あ、そういえば~と外に出てみると、カラスが一羽フィンガービスケットの袋を開けて

ついばんでいた。

大きなカラスは、こっちを見るなり飛び去っていった。

注文商品を確認すると、クラッカーが一袋足りない。

きっと、カラスが持ち去ったんだろう。開けちゃったんだからフィンガービスケットも

持って行ってくれて良かったのに、カラスは戻ってこない。

 

その夜、1時頃まで近くの山からカラスたちのじゃれ合うような鳴き声が

聞こえていた。

きっとみんなでクラッカーを囲んでパーティーしていたに違いない!

次の朝、昨日のカラスが玄関先で挨拶をしてきた。

この挨拶は、その後3ヶ月くらい続いてカラスの恩返し?な感じで楽しかった。

 

行く先に黒い塊が!何か大きなゴミでも流れ着いているのかと思いきや、

f:id:alfonshild:20210112153152j:plain

ウだ。

f:id:alfonshild:20210112153432j:plain

一羽だけ羽を広げたまま、こっちを見ているような。

f:id:alfonshild:20210112153338j:plain

もう少し近づいてみると、みんな揃って飛び去っていった。

f:id:alfonshild:20210112153503j:plain

大きな船が入ってきた~。

f:id:alfonshild:20210112153545j:plain

あれ、

f:id:alfonshild:20210112153608j:plain

また、羽を広げているよ。ウ。

濡れた羽を乾かしているのかな?

動物になれるなら、ライオンになりたい好戦的なお姫ちゃん曰く、

「群れのリーダーで、こっちを威嚇しているんじゃない?」どうかな?

f:id:alfonshild:20210112153638j:plain

鷲頭山に、

f:id:alfonshild:20210112153839j:plain

箱根の神山&駒ヶ岳。なんだか随分近くに見える。

手前の山は香貫山

f:id:alfonshild:20210112153900j:plain

富士山は雲に隠れて見えず。今頃は、雪が降り積もっているかな?

雪遊びしたい!

f:id:alfonshild:20210112153929j:plain

枯れ込みながらも寒さに耐えているアツバキミガヨラン

f:id:alfonshild:20210112154006j:plain

またね~。

f:id:alfonshild:20210112153752j:plain