page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

山と海と空の色

寒くて風の強い午後、海へ散歩へ行った。

f:id:alfonshild:20210221205914j:plain

空には強風に乗って遊ぶトンビたちが、30羽ほど舞っている。

f:id:alfonshild:20210221210113j:plain

流木を咥えた1羽のトンビを追いかける2羽のトンビ。

巣でも作るのかな?

f:id:alfonshild:20210221210155j:plain

お姫ちゃんは、何やら流木を振り回している。

f:id:alfonshild:20210221210610j:plain

あーちゃんは穴掘り中。

f:id:alfonshild:20210221211014j:plain

「うわぁー!」っと叫びながら、

f:id:alfonshild:20210221211041j:plain

お姫ちゃんが走り去っていく。

「たくさん走って、あーちゃんより足が速くなる!」・・・らしい。

f:id:alfonshild:20210221211110j:plain

寒いけれど、心地よい風が吹いている。

f:id:alfonshild:20210221211155j:plain

「山が青くて、海が緑色だね。」ってお姫ちゃんが言う。

f:id:alfonshild:20210221211338j:plain

「空はさ、なんかいろんな色に光ってるよ。」

f:id:alfonshild:20210221211453j:plain

 

f:id:alfonshild:20210221211718j:plain

雲にお日様が隠れると、途端に寒さが身にしみてくる。

そろそろ帰ろうか?

f:id:alfonshild:20210221211627j:plain

近くの公園は河津桜が満開。

海辺にいたトンビたちが公園の上を旋回している。

f:id:alfonshild:20210221211920j:plain

みんなでお花見だ。

f:id:alfonshild:20210221212004j:plain