page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

丹那(たんな)のつづき、丹那断層公園へ

酪農王国オラッチェからの帰り道の途中、立ち寄ってみた丹那断層公園。

f:id:alfonshild:20210401232133j:plain

丹那断層(たんなだんそう)って聞いたことあるけれど、よく知らないなぁ。

f:id:alfonshild:20210401232240j:plain

地形の模型があってお姫ちゃんは興味津々。

指さしてるところは新丹那トンネルね~東海道新幹線が通り抜けるところだよ♪

もう一本平行しているトンネルは、丹那トンネル

f:id:alfonshild:20210401232329j:plain

並んでいる赤い矢印は、断層の上ってことかな?

f:id:alfonshild:20210401232440j:plain

断層掘ってある!

f:id:alfonshild:20210401232514j:plain

昭和5年(1930年)の北伊豆地震で出来たひずみ?

f:id:alfonshild:20210401232545j:plain

向こうにオラッチェと、丹那牛乳の工場が見えるよ🌈

平らで、いい農地が広がってるね~。

f:id:alfonshild:20210401232815j:plain

こんな風に地震によって地面がズレてしまったとは、すごい。

地震による影響は狩野川沿いの地域で大きく、

韮山地区では家屋の全壊が40%以上と、大変なことになっている。

瓦屋根の家に住んでいた人たちの被害がひどかったらしい。

地盤の良い丹那地区の被害は少なかったと書かれていた。

f:id:alfonshild:20210401232639j:plain

ズレてる!

f:id:alfonshild:20210401232703j:plain

北伊豆地震のあった1930年当時も、建設中だった丹那トンネル

1918年から着工され、難工事の末、約16年後の1934年に完成している。

地震によりズレが生じたトンネルは、中央をS字に掘ってつないだそうだ。

工事では大量の水が工事を阻み、事故により67名の命が失われた。

丹那盆地は工事により渇水状態に陥り、稲作が出来なくなってしまったらしい。

静岡県東部で牛乳といえば、もう丹那牛乳だね~学校給食でお世話になりました。

でも、そういう経緯があったとは。知らなかった。

 

現在、リニア中央新幹線のトンネル工事を巡って、

大井川周辺の人々が反対しているのも、水の問題があるからなのか。

掘り出した残土を南アルプスへ捨ててしまうとか、いろいろ影響の出てきそうな工事。

 

桜の絨毯✨

f:id:alfonshild:20210401232728j:plain

 

f:id:alfonshild:20210401232051j:plain

 

f:id:alfonshild:20210401232915j:plain

 おうちに帰ってささ、

f:id:alfonshild:20210401233103j:plain

じゃ~ん♡黒柳まんじゅう♪まだ冷めてない!

f:id:alfonshild:20210401233143j:plain

 こちらは涼しげなゼリー♡もう初夏ですね♪

f:id:alfonshild:20210401233212j:plain

 アジサイ

f:id:alfonshild:20210401233251j:plain

 なにやらバタバタしていると思いきや。

f:id:alfonshild:20210401233457j:plain

 それは、お姫ちゃんがオラッチェで選んできたお土産だね。

f:id:alfonshild:20210401233344j:plain

 楽しそう♪本領発揮だね!

f:id:alfonshild:20210401233405j:plain

 でもね、このウサちゃん、あーちゃんのじゃないんだよ。

お姫ちゃんに見つかる前に洗っちゃえ~

f:id:alfonshild:20210401233429j:plain