page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

秩父へ行こう!前編~武甲山と秩父今宮神社の龍神木~(秩父市)

 2014年11月のこと。

なんとなく秩父へ行ってみたくなった。ノープランで行ってきます♪

はじめてみる武甲山。ふんわり優しい山の姿。

f:id:alfonshild:20190909103716j:plain

 お宿はこちら。ノープランとは言え、宿はしっかり押さえます。

お安いのに露天風呂ならぬ、足湯が付いていた。

f:id:alfonshild:20190909103758j:plain

 外の林を眺めながら足を温める。

フェンスの向こうは川が流れて自然の音に包まれる。

この川向こうに親戚のお寺があったことに後になって気付いた。

秩父にご縁があったんだ。

f:id:alfonshild:20190909103821j:plain

次の日の武甲山

近くで見ると、かなりビックリ。

こんなにも削られているんだ。。白い石灰岩が痛々しく見える。

太古の昔、現在のハワイ付近に誕生した海底火山がこの武甲山なんだとか。

古代生物の化石が眠っているのかな~ロマンを感じる。

 

f:id:alfonshild:20190909103902j:plain

体積した珊瑚のなれの果てを、人が全て採り尽くすのはいつになるのだろう。

いつか、お山は無くなってしまうのかな。

猛々しい名前とは裏腹に、穏やかな感じのする武甲山

f:id:alfonshild:20190909103925j:plain

 駅近くのお寺さんを何件か回って、通りがかった秩父今宮神社。

生き生きとした大樹に引き寄せられて写真をパシャリ♪

役小角様が飛来された場所なのだそう。雲に乗ってピューっとかな。

f:id:alfonshild:20190909104121j:plain

樹齢1000年といわれるケヤキのご神木は、龍神木と呼ばれているそう。洞には八大龍王神が祀られている。

こじんまりとした境内には、武甲山伏流水(霊水)の湧き出す竜神池や、清龍の滝があって、龍上観音(龍神観音)様が奉斎されている。

701~704年?に役小角様がこの地の霊泉に、八大龍王を祀ったと伝えられているとあった。

その頃、このケヤキはあったのかな~無かったのかな~

f:id:alfonshild:20190909111711j:plain

どっしりとした幹と、紅葉が始まり、より軽やかな葉のコントラストが印象的。

幹にハートの形をした洞があって、恋愛成就にお力を頂けるとか。

どちらかと言うと湧き出す清水が、綺麗さっぱり雑念を洗い流してくれそう。

f:id:alfonshild:20190909104332j:plain

住宅地の中にあって、ここだけ時の流れが緩やかになっているような静かな聖域だった。

秩父神社へ続く~