page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

17回忌と、蜂の家さんのまゆ最中

何年振りだろう。お寺さん。

f:id:alfonshild:20190901225823j:plain

会食を抜け出して、走り回るお姫ちゃん。

f:id:alfonshild:20190901230101j:plain

この場所もそのうち無くなってしまう。

f:id:alfonshild:20190901230149j:plain

都会は移り変わりが早い。

あちらこちら、工事だらけ。

f:id:alfonshild:20190901230242j:plain

頂いた最中。蜂の家さん自由が丘本店の「まゆ最中」。

一口でぺろりと可愛らしいサイズ。

小倉、胡麻、白つぶし、柚子、黒糖の、5種が全部で10個入っている。

「もなかってなーに?たべれるの?」とお姫ちゃん。

f:id:alfonshild:20190901230357j:plain

封を開けてお姫ちゃんが一言。「おかいこさんだ!」

えええ!お蚕さん。あなたいつの時代の人?

よく知ってたね。どこで知ったのかな~気になる~

f:id:alfonshild:20190901230436j:plain

パステルカラーの薄生地にとろける餡が堪りません。

昭和25年から作り続けられているお菓子だそう。

当時はさぞかし高級だったのでしょう。

f:id:alfonshild:20190901230505j:plain

 お上品なお菓子!ご馳走さまでした。