page contents

わんことにゃんことお姫ちゃん diary

お世話係が見た、日々の出来事を綴ります。

猫、発見!

f:id:alfonshild:20190915222432j:plain

先ずは、先住猫のね~さん。只今、窓の外を警戒中。

f:id:alfonshild:20190915222621j:plain

ね~さんは彼是11年前、アパートの1階に住んでいた時に出会った子。

暑い日が続く7月の中頃は、休日の昼下がりに、隣のアパートの敷地から「ニャーウ、ヴニャーウ~」とただならぬ唸り声が聞こえて…。

前日も、前々日も同じような声を真夜中に聞いていたので、また猫同士の喧嘩なのだろうと思っていると~

猫は鳴き続け、鳴き声は1匹ではなく複数のようで、なんとなく胸騒ぎがしてそーっと窓を開けてみる。

すると、地面に置かれた1台のエアコン室外機の周りに、大小様々な猫たちが陣取って、室外機の下に空いた隙間を睨みつけてる!!

猫たちは全部で7匹、そして全部茶寅。

時々駐車場で見かける茶寅の猫が、こんなにも沢山いたなんて~とちょっと面白くなって吹き出し笑い。

ものスゴイ声を上げていても、仲良し家族みんなで何かに立ち向かっているんだなといった感じ。

となると、その茶寅家族の敵が気になり始めしばらくの間、観察することに。

硬直した事態が15分程続き、じっれったくなった私はサンダルを履いて境界のフェンスまで行くと、猫たちが少し後退り。なんだよこの野次馬~って感じで。

その瞬間、地べたの狭い隙間から、小さな灰色の猫らしい生き物がほんの少しだけ顔を出し、目と目がバチッと合った気が。

うわ~これはどうにかしないと!なんて思う間もなく。自分の部屋の網戸を開け、「こっち来て!」と大声を出して…

ね~さんとはそれからの付き合い。

f:id:alfonshild:20190915222731j:plain

ゴロゴロ~♪